ニュース

SBS安否情報確認システム

株式会社クラベで導入

 株式会社クラベ様は静岡県浜松市に本社を置く、耐熱特殊電線や発熱体・センサなどのメーカーです。特殊技術を持ち自動車や家電・PCなどに多くの製品を提供されており、アメリカ、中国、ベトナムなどへの海外進出も進んでいます。 この度は当社の「SBS安否情報確認システム」を採用いただき、2017年11月より運用を開始しました。

システム導入の目的

株式会社クラベ様 本社外観  株式会社クラベ様は、本社の立地が海岸線に近い場所にあるため、近年の地震や津波などの災害に対し、社内での危機意識が高まっていました。
 クラベ様では、BCP対策の強化をはじめ、災害時の情報伝達・共有の重要性を認識しており、浜松市内にある5工場をはじめ全国の営業所を含めた被害情報の迅速な把握の必要があると考え、SBS安否情報確認システムを採用し、運用をスタートすることとなりました。
 システム選定にあたっては、登録などの操作性の良さと、当社の実績・セキュリティ体制に大きな評価をいただきました。

積極的な情報把握

株式会社クラベ 執行役員 総務部長 池ヶ谷様  システム導入にあたり、執行役員である池ヶ谷総務部長より次のようなコメントをいただきました。
―導入に際して、何を期待しますか。
 「クラベではBCPとして、何をどうするのかを検討してきました。まずは従業員の安否情報を知ることが一番重要で、続いて設備の情報を迅速に把握していきたいと考えています。特に災害などが発生した後は、何を優先してモノづくりをしていくのか、ということが経営上重要な判断になるため、今回のシステムで収集・把握できる『人』『モノ』の情報には期待しています。」
―今後の活用は
 「導入前は従来の電話連絡が主でしたが、新たな情報伝達手段ができましたので、有効活用したいと考えています。」
 「社員の反応は上々です。今年11月20日の防災訓練に合わせ、システムの配信訓練をしましたが、回答率は99%と高く、結果として満足しています。今後も年に2~3回は配信訓練をし、社員の意識付けをしていきたいと思います。」
 本システムの導入にあたりクラベ御担当者様には多大なご協力をいただきました。この場を借りて深く感謝申し上げます。SBS情報システムでは、災害時などに組織的な情報伝達が必要なお客様にご利用いただけるよう、今後もSBS安否情報確認システムをはじめとした防災情報システムの研究開発を継続してまいります。

お問い合わせ

アウトソーシングセンター 営業担当 花澤 真平
TEL:054-288-1153 FAX:054-283-8981