ニュース

Chubb損害保険株式会社で導入

SBS安否情報確認システム

 Chubb損害保険株式会社様(本社 東京都品川区)は、この度「SBS安否情報確認システム」を採用し、2018年9月よりシステムの運用を開始しました。同システムの販売代理店でもある、静新SBSグループの株式会社SBSプロモーションと当社による共同提案を行い採用に至りました。

グローバル企業によるシステム採用

ニューヨーク証券取引所に掲示された″チャブ・リミテッド(Chubb Limited)のバナー  Chubb損害保険株式会社様はスイス、チューリッヒを拠点に、世界54カ国で事業を展開する保険会社 "チャブ・リミテッド(Chubb Limited)" の日本法人です。世界最大級の損害保険会社として、お客様の多様なニーズに対し企業火災保険、個人火災保険、新種保険、個人傷害保険、補完的医療保険、再保険、および生命保険を提供されています。

危機管理の良きパートナーとして

 システム導入の担当である、営業統括本部 営業統括戦略企画本部 本部長の武田秀人様に、お話を伺いました。
-システム導入の背景について
「我々は損害保険会社であり、保険商品の販売を通じて顧客の危機管理の一翼を担う社会的な使命を持って活動しています。特に自然災害の発生時には、被災者へ最善のサービスを提供するために、的確で迅速な情報の把握とアクション、そのための社内体制の構築が必要です。当社社員に関する安否確認は、そのような意味も含めて大変重要なシステムであると社内では認識しています。」
-システム採用の決め手について
「SBS情報システムの安否情報確認システムは、多くの官公庁や医療機関などに採用実績があり、新聞社や放送機関などと全国レベルでの情報連携が可能であるということが、我々にとってまず安心できる点でした。また、そのような優位性に加えて、各種機能の充実やカスタマイズの便利さなど、従来採用していた他社の安否確認サービスと比較して優れていた点が決め手となって採用しました。平常時、緊急時を問わずあらゆる情報を社員に提供できる掲示板機能、各種の連絡先社員グループを簡便に作成できるといったカスタマイズ機能が豊富さは、安否確認サービスの効果、効率性を高め、当社の対応の幅を広げることにつながると確信しています。」
-SBS情報システムに対して
「もちろん災害が何もないことが一番ですが、災害が発生した時こそ会社としての真の対応力が問われます。特に弊社のような保険業界においては最も重要なことと言っても過言ではありません。その中で危機管理の良きパートナーとして、今後とも引き続き優れたサービス提供を期待しています。」

 SBS情報システムでは、自治体・病院・企業など、災害時に組織的な情報伝達が必要なお客様にご利用いただけるよう、SBS安否情報確認システムをはじめとした防災ソリューションの研究開発を継続していきます。

お問い合わせ

ソリューション事業本部 営業部 花澤 真平
TEL:054-288-2581 FAX:054-284-8926