自治体向け製品

安否情報確認システム

緊急時にこそ確実な対応が必要な組織のために。安否情報確認システムが、迅速な人員計画を可能にします。

災害時、迅速確実な対応を可能に

インターネットと携帯電話を利用した安否情報確認システムが、素早く確実に社員の安否情報を収集・集計。災害対策本部における迅速な人員計画が可能になります。

災害時には電話が使えない可能性も

災害時はみなが一斉に連絡を取り合うため、回線がパンク状態になります。災害時優先電話として指定された重要な回線が確実につながるようNTTが規制をかけるため、一般の電話がつながりにくくなることが予想されます。企業であれば電話による緊急連絡網は整備されているでしょうが、はたしてそれだけで万全と言えるでしょうか。

電話での緊急連絡にプラスして

音声通話に比べ携帯電話などのメールは情報をパケットでやりとりするため、輻輳(渋滞)しにくいと言われています。安否情報確認システムは、災害時に利用できる可能性が高いインターネットを利用しています。災害時など、音声通話の回線が規制を受ける中でも、組織的に連絡を行うことができます。電話での連絡にプラスして、組織的に緊急連絡を行うツールとしてご使用ください。

普段の携帯電話を使うから、いざというとき安心

緊急時の連絡ですから、気が動転して当然。日頃使い慣れたものを利用するというのが重要なポイントです。SBS情報システムの安否情報確認システムなら、安否情報の登録にみなさんが普段お使いの携帯電話(※)を利用するので、いざというときでも戸惑うことなく安否情報を登録可能。特別なトレーニングも必要ありません。官公庁での導入・運用実績もあります。

※各携帯会社のインターネット接続、メールサービス等の加入が必要です。

緊急地震速報を利用したサービスを開始(オプション)

2007年3月より、気象庁からの緊急地震速報を利用した安否情報確認メール自動送信サービスを開始します。本サービスは、現在安否情報確認システムを利用いただいているお客様へ提供します。

お問い合わせ

ソリューション事業本部 営業部 森 麗憲
TEL:054-288-2581 FAX:054-284-8926