医療機関向け製品

安否情報確認システムによる健康管理

非常時に組織内の安否を確認できるシステムに、新たに健康管理の仕組みを設けました。職場における職員の健康管理を支援します。

体温や体調入力を簡単に

職員に毎朝届くメール通知に従って現在の体温と健康状態を記入するだけ。出勤前のわずかな時間で入力できるよう選択形式になっているため、忙しい朝でも簡単に入力でき、体調の変化を滞りなく職場へ伝えることができます。

体温ごとの集計機能

管理者にて各体温の人数が確認でき、そこから該当者を確認できます。 また、一定の体温を超えると表の背景色が変わるため、体調の悪い職員を見落としません。

管理者によるリアルタイム集計

回答情報はリアルタイムで送られてくるため、管理者の方は常に職員の体調を確認、管理できます。組織内の職員の所属等の登録がされている場合、グループごとでの体温分布や、個人ごとの体温の確認、体調のチェックもできるため、様々なデータから対応策を練っていただけます。

状況に応じてセカンドメッセージ

集計結果より安否情報の確認、必要時には同様の回答をした方に対しセカンドメッセージの送信もできます。

安否情報確認も利用可能

上記の健康管理機能は安否情報確認システムの一機能として展開しています。 健康管理機能をご利用の場合は安否情報確認の機能についてもご利用いただけます。

お問い合わせ

医療事業本部 営業部 杉保 直洋
TEL:054-283-1450
FAX:054-284-9181