loading

医療機関向けサービス 医療用文書電子化ソリューション PrimeReport

診断書等の医療用文書作成の事務作業を簡略化できる、生命保険協会認定のソフト

医療業務に関わる文書の作成・管理に特化した費用対効果のあるコンパクトなパッケージシステムです。

Point 01

1500種類以上の診断書を最新の書式でご提供

生命保険会社の各社診断書、共済・損保診断書、臨床調査個人票、厚生労働省・法務省指定の文書など、1500種類以上を揃え、書式を最新化しながら提供しています。
さらに、病院職員様が独自様式を作成・登録できる「テンプレートデザイナ」機能を標準実装しているため、よりスピーディに最新書式に対応することもできます。

Point 02

文書作成作業にかかる労力削減を推進

様々な入力支援機能により、文書作成の事務作業にかかる労力を削減します。
過去の診断書などからのコピーが簡便で、丸ごとや項目ごとなど対象箇所を選択する機能のバリエーションが豊富です。
また、シェーマ機能が充実しており、直感的に損傷箇所にマークを付けたり、院内向けのメモを記録したりと、多様にご利用いただけます。
さらに、上位システムと連携することで、文書に入力する患者ID、氏名、住所といった基本情報が自動的に反映されるほか、病名と手術名の連携機能(オプション)もあります。

Point 03

ステータスを一元管理

文書作成の受付から交付に至る一連のステータス(進捗状況)をワークフロー管理することで作業者が確認でき、業務の円滑化を支援します。
本システムに書式のない文書であっても対応しているため、院内文書をトータルに管理できます。
PRフロー_ギミックあり_20210730.gif

R_はばたき(5秒).gif







公式キャラクター 「れぽぽっぽ」

「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン第5版」における、JAHIS(一般社団法人 保健医療福祉情報システム工業会)の「製造業者による医療情報セキュリティ開示書(MDS)」のチェックリストを開示します。
( PrimeReport MDSチェックリスト )

導入実績 (2022年5月現在)

全国231施設

300床以上
48施設
200床~299床
35施設
100床~199床
71施設
20床~99床
43施設
診療所
34施設
  • 北海道
    23施設
  • 東北
    16施設
  • 関東
    35施設
  • 甲信越・北陸
    33施設
  • 東海
    91施設
  • 関西
    10施設
  • 中国
    1施設
  • 四国
    2施設
  • 九州・沖縄
    20施設